白内障の症状

白内障の症状とは、目の水晶体が白く濁って、
視界が白いもやにかかったようになる目の病気の事。

私の場合は、最初蚊が飛んでいるような黒い点が見えるようになり、
徐々に視力が悪化していきました。

数年間、ごまかしながら生活していましたが、
本やパソコンの文字が見えづらくなったことを機に、
手術を受けることにしました。

片目で見たとき、
左目は白いもやで覆われて完全に前が見えなくなっていました。

わずかに光を感じる程度でした。

流石にもう手術しかないなと思い、
行きたくない市民病院に行くことにしました。

それまでに、何も対策をしていなかったわけではなく、
目薬を点眼していました。

しかし、、、


次回に続く。




この記事へのコメント